好きな時に好きなものを好きなだけ食べられる。
それが妄想の良いところだ。
現実では何かと食事制限が多くて好物なんてめったに食べられない。
だから私はしょっちゅう現実逃避をしている。