彼は昔からスロースターターなタイプだった。
運動をしていても中盤から後半にかけて調子が出てくる。
それは彼の作る作品にもよく表れている。
物語の序盤は凄くゆっくりだけど、後半の疾走感はハンパない。