彼女は小銭を見たことがないというくらいセレブな家の子だった。
対する僕はお札を手にしたことがないくらいの平凡な庶民だった。
ある日、彼女をいつも寄り道している駄菓子屋に連れて行った。
彼女が小銭の存在を知り、贅沢しなくなったきっかけはそれだと話していた。