全てがセピア色の世界でそこだけが鮮やかに彩られているかのようだった。
美しいというのはこういうことを言うのだろう。
私に色を与えてくれた人。
あの人のそばにいる限り、私の世界が再びセピアに染まることはないだろう。