私は生まれた時から全てを義務づけられていた。
だから殿方と交わることも、あくまでも子孫を残すためだけの行為。
相手を選ぶこともできなければ、快楽を求めてもいけなかった。
本当はもっと自らの欲に正直になりたかったのに。