「まあ、楽しかったんだから良いんじゃない?」
散々ひどいドッキリを仕掛けられたのに、あいつはそう言って笑った。
彼の寛大さには相変わらず頭が上がらない。
今回はドッキリのせいで骨折までしてしまったというのに。