どちらが上か下かを僕はずっと気にしていた。
でもそんなものは気にするだけ無駄だった。
いざその時が来たら、意識するまでもなく自然に体が動いた。
初めから流れに身を任せるだけで良かったのだ。