時間だって何をしようとも前にしか進まない。
同じように僕が何をしようともそれは前進であるはずなのだ。
やたらミスばかり連発するのが僕の特徴ではあるけれど。
それでも前に進んでいると僕は信じている。