僕には支えてくれる人が必要だった。
困った時だけ相談に乗ってくれるような人ではなく、常にそばにいる人。
結婚すれば、その望みは満たされると思っていた。
まさかこっちが一方的に支えるだけになるなんて、夢にも思っていなかった。