全員が終わりが近いことを悟っていたからだろうか。
今まで一度としてまとまりを見せたことなどなかったのに。
最後の最後に、彼らは一致団結して終わりを導いた。
あのたった一度の奇跡を、私は一生忘れはしないだろう。