好きになったきっかけなんて本人にしか分からないものだ。
本人にだって分からないこともある。
それをどうして他人である私が理解できると言うのか。
彼らの祝福を祈ることさえできれば、私には十分だ。