俺は他人は信頼しないが、世界のことは信じてる。
だから世界が認めたならば、どんなものでも信じる。
世界がそいつに従えと判断したのなら、俺は黙って従う。
人は間違いを犯すが、世界は決して判断を誤らない。