この世に生を受けて今日でちょうど三十年目。
でも私にとっては、寿命は常に一日しかないも同然だった。
私の記憶は、一日分しか保てない。
記憶にない過去はは、存在していないに等しい。