結局は二次元の女の子を好きになることと変わりないのかもしれない。
僕が好きになった人は、確かにこの世に存在する本物の三次元の女性だ。
でも、たとえ僕がこの世の全てを手に入れたとしても彼女には触れられない。
決して手が届かないという意味ではアニメの中の人と変わらない。