息子が死んでもう一年になる。
ようやく私たちも悲しみから回復しつつある。
でもこの形見の眼鏡だけは未だに手放せない。
息子のために、これからも私はこの眼鏡を通して世界を見続ける。