たぶん僕には、何かしらの才能はあったんだと思う。
何をやってもそこそこのレベルには到達することができた。
でもそこで止めてしまったから、自分の才能に気づけなかった。
才能が欲しいと、心の中ではずっと思い続けていたのに。