二十四時間、何をしてもいくらお金を使っても良いという条件だった。
なかなか面白いゲームだとは思ったが、しかし案外難しいものだ。
何でも好きに金に糸目をつけずにやれるとなると、二十四時間では足りない。
だから何をすべきか厳選している間に、どんどん時間だけが過ぎていってしまう。