反則と言われれば反則なのかもしれない。
今までの功績は全部、この体を神様に貸した結果だから。
その加護を受けられなくなって私はまた落ちこぼれに戻った。
これからは自分の力だけでみんなの信頼を取り返さなければならない。