最強の忍者になるために日々特訓を続けた。
その甲斐あって、自他共に認めるほどの実力を身につけることができた。
でもその代わりに忍者らしさは失ってしまったかもしれない。
いつ誰に襲われても問題ないから、身を隠す必要がなくなってしまった。