ぜひとも続編を見てみたかった。
でもその願いは永遠に叶わなくなってしまった。
構想があったのかどうか、それすら伝えずに逝ってしまった。
あの人以外にこの作品の続編を作ることはできない。