酔えば酔うほど強くなるのが酔拳の特徴だ。
しかし私は酒が飲めない。
どうして下戸の私が酔拳の達人になれたのか。
それは私が超がつくほどのナルシストだからだ。