まだ通貨という概念がなかった頃は、物々交換で物を得ていた。
お金が流通し始めてからは、貨幣のやり取りによって品物を得ていた。
今もその概念は残っているが、もはや金のやり取りという感覚はない。
単に数字が行き交っているだけで、みんなお金なんて言葉は使わなくなった。