六次の隔たりを利用すれば、どんな人にでも辿り着けるはずだ。
今の私に必要な人もきっと見つかる。
まずは今の私にとってどんな人が必要かを知っている人を探そう。
それを知っている人を知っている人を探していけば、いずれ見つかるはず。