自分の好きな食べ物を毎日食べたくて料理の練習をした。
おかげで好物に関してだけはかなりの腕前になった。
そのうちに自分以外の人にも食べてもらいたいと思うようになった。
多国籍なメニューの定食屋を開いたのはそれが理由だ。