積年の恨みは本当に恐ろしい。
問題は死んでもその怨念が消えないというところだ。
あいつも僕も死んでもう数百年ほど経つ。
たぶん今もあいつは恨みを増幅させているのだろう。