最強の相方を手に入れた私は勝利を確信していた。
私は何もしなくても相方に任せておけば間違いないと思っていた。
でも幸か不幸か、向こうも私に対して同じ印象を抱いていたらしい。
結局互いに押しつけ合うだけで何一つ結果を残せなかった。