まるで悪魔に魅了されたような気分だった。
とても繊細で天使の歌声のような美しさなのに。
一方で凄く破壊的な終末の息吹を感じるメロディだった。
天使と悪魔が同居した音楽という評価もうなずける。