これまでは自分の好きな人のために頑張ってきた。
でもこれからは見知らぬ誰かのために頑張ると決めた。
きっと天国にいるあいつもそれを望んでいるだろう。
だからあいつの代わりにあいつのやりたかったことをやるのだ。