正しい弱さになんて僕はいらない。
何も守れない正義になんて僕には何の価値もないのだ。
弱い正義を貫くくらいなら、僕は悪で良い。
たとえ全てに背いてでも僕には守りたいものがあるから。