「俺は無能だけど世の天才たちと同じラインには立ってるんだぜ」
真に天才と呼ばれる人たちは自分が天才であることを自覚している。
自惚れとかではなくて自己分析や自己評価が正しくできているということ。
彼はその自己分析や自己評価の正確さは天才たちと同列と言いたいらしい。