僕は秩序を重んじるから自由人ってタイプとはあまり反りが合わなかった。
でも限度を超えると逆にそういうのがなくなるんだなということが分かった。
彼の自由さは何と言うか、突き抜けすぎてて常人の理解の範疇を超えている。
でもそれだけに、彼の手綱は握る必要がないので、疲れないつき合いができる。