顔がそっくりなだけでなく、同姓同名で記憶まで似ている。
クローン人間でもなければあり得ないような事態。
でも今ではそんな事態も珍しくない。
僕がパラレルワールドを自由に行き来できる装置を作ってしまったばかりに。