大事な思い出は全て追憶の彼方にある。
大切なものを全てそこに残して、私は新しい日常に身を沈めたのだ。
それでも私は、空に思いを馳せていたかった。
境界線が見えなければつながりを保っていられると信じて。