私の目に映るのは過去と未来のはざまだけ。
時が止まらない限り、それは決して永遠になることはない。
見えた瞬間にはもう消えている無数の点の一つ。
その点の上を歩き続けることで、線はできあがるのだ。