父は職人は背中で語るものという言葉を地でいくような男だった。
だから私は父が声を発したところをほとんど見たことがない。
でも大事なものは全て父から教わった。
会話なんてなくたって父は誰よりも多くのことを語ってくれたから。