才能がないからといって、好きなことを諦める必要はない。
でも才能がある人たちの邪魔はしたくない。
だから私は、好きなことは趣味の範囲に留めておく。
誰の邪魔もせず、誰からも邪魔されず、一人でこっそりと楽しむために。