褒められるのは純粋に嬉しい。
でももしかしたらそれは、お世辞や社交辞令かもしれない。
私はそれに気づかないために鈍感であり続けた。
気づかなければずっと幸せな気分でいられるから。