もう全盛期はとっくに過ぎている。
今の私には現役当時のような強さは出せない。
それでも未だに自分が世界最強であるとは自負している。
それくらい、現役の時は強さを突き詰めることに成功していたのだ。