門外不出と言われてはいたが、技術を絶やさないためにある人にだけ教えた。
その人もまた同じことを考え、信頼の置ける一人にだけ技を教えたらしい。
みんながみんな同じことを考えた結果、その技術は世界中に広がった。
今ではこの技術を使えない人の方が珍しい。