重苦しい空気を跳ね返すように彼らは叫び続けた。
声の壁でのしかかってくる空気を食い止めようと必死だった。
でも、無理だった。
空気を変えることができずにみんな喉まで潰されてしまった。