大先輩だからといって必ずしも敬うというわけではない。
むしろ見かけたら邪魔者だと即座に排除にかかる。
私だけがそれをやっているのなら非難轟々は避けられないだろう。
でも誰もがやっていることなのだから私も躊躇はしない。