私はいつでも最高のものを作ってきたと自信をもって言える。
百点のもの以外を世に出したことはない。
これからも私は百点のものを生み出し続ける。
たとえ世間的な評価がどんなに最低だったとしても。