彼は紛れもなく天才で、今もその才能は全く色あせていないと思う。
ただ、本人の中で何かの糸がぷっつりと切れてしまっただけなのだ。
もうこの世界にいる必要はないと判断し、あっさりと引退してしまった。
二度と対決はできないけれど、私は今も彼の背中を追い続けている。