悠久に等しい時間といえども、制限がないわけではない。
その時間を超えたら世界が終わることは初めから決まっていた。
だから私は自分と世界を切り離したのだ。
世界の終わりに自分のタイムオーバーが依存しないように。