現実世界では時間は未来に向かってしか進まない。
だから私は夢の中ではいつも過去に遡るようにしている。
昔から夢の中の時間は自由に操ることができたのだ。
そうすることで何となくバランスを取った気になれる。