本当は一言「疲れた」と言うだけで良かったのだ。
でも彼は決してその一言を口にしなかった。
だから周りの人も必要以上に彼に頼った。
彼の代わりがいないと気づいた時には、もう手遅れだった。