昔は時計も電卓も電話もそれぞれ別物として持ち歩かなければならなかった。
やがて少しずつ技術が進歩して一つの端末で全ての機能を果たせるようになった。
しかし私は端末を持ち歩くということすらなくしたいと思い、これを作った。
このチップを脳内に埋め込めば、頭の中で時刻の確認も複雑な計算も可能になる。