地球の安堵

人類が絶滅して数百年が経った頃の未来にやってきた。
調査がてらしばらくこの時代にとどまって生活をしてみた。
正直、文明も何もないが、私のいた時代よりもよっぽど快適だった。
何となく、人類がいなくなったことで地球そのものが安堵しているように感じた。

どちらにしろ間違える

都市伝説たらしめんとする

伝えたい

伝説の安売り

強すぎて逃げた

奴隷の気持ち

登竜門

できるまで止めない

大吉連鎖

同級生……?

疲れない体

伝説の木

都合の良いこと

得意なフィールド

毒の巧妙

だまし絵

食べ物の数

だけの人

どのみち濡れるから

都市化

投票

ただじっとしていると……

誰を励ます

時を超えて

ツーバイツー

辿る道筋

地図トラップ

常にゴールから

トータルで見れば

耐性アイテム

てんき

代弁術

透明になっても変わらず

ドーナツは宇宙

長寿番組

だるまさんがころんだ

毒舌の持ち主

強いだけでは

違って当然?

貯めて使って

男女の友情

大好き

透明な惑星

天気は悪くない

注目を浴びる

食べていたのは……

体験したいこと

他人の金で食う飯

直感も実力

出来レースの裏側

立場

使いどころ

強い

チームプレイ

テストプレイ

都合記憶

他人のことは分からない

楽しみが減った

ちょうど良いがない

強さと勝率

立つメリット

楽しみが変わった

耐楽

特性を知る

強き者

つい目が行くだけ

とうし

敵に塩

チームじゃないチーム

転移掃除機

賃金が安いのは

だいがわり

だいたい

テーマソング

代替科学

高すぎるハードル

体験談

待機状態

努力は永遠に

違う地で学ぶ

チートキャラ

年相応

タイムドア

年の差

長所なのに

鉄頭鉄尾

断絶の先へ

代替わり

闘争本能

透明なだけ

伝説の正体

透明な惑星

冷たい吐息

積もる話とコミュ障

できることしかないから

たった一人

努力を止めた瞬間

大会前の意気込み

天才の本質