「お前……テストの成績が学年三位って……喜んでる場合じゃないだろう」
「そ、そうかな? 確かに一位は取れなかったけど、三位でも十分……」
「ちげーよ! お前みたいな一芸の天才タイプは勉強できないのがセオリーだろ!」
こいつはお約束ってもんを何も分かっちゃいねーな。