僕たちは各分野において間違いなくエリートだった。
それぞれに所属する機関で常にトップの成績を収めていた。
でも、それでも僕たちは、井の中の蛙だったのだ。
各地から集められたとある教育機関の中では、僕たちは全員落ちこぼれだった。